【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

花脊スキー場

花脊(はなせ)スキー場。1929年に開業、日本で三番目に古いスキー場だった。1989年に閉業した後も、リフトの運転機室が残されている。

色々あって、着いた頃にはもうだいぶ日が沈みかけていた。

何かリフトの設備っぽいものがあるが、それは二の次!!

ドドドドド~!!!

暗くなる前に運転機械室とご対面!

苦労して辿り着いたので…感慨深い。渋い色合い、惚れ惚れしてしまう。

引きで見てみる。思ったより小さい、というのが率直な感想。でも、そこがまた可愛らしい。

晩秋の候。そよそよと揺れるすすき。

運転機室の中を、覗いてみよう。

黄色い壁が印象的な内部。

最盛期には一シーズン中に五万人のスキーヤーが訪れたという。この場所も忙しかったろう。

天井裏に何かある。ケーブルのフックだろうか。

ボタン。恐る恐る押すとガチガチに固まっていた。

沈みゆく山の景色。

閉鎖の要因は雪不足だった。スキー場としての再起は難しそうだ。

最初にすっ飛ばしたリフトの制御盤。赤いステッカーは、今も現存するドイツのメーカーだ。

確かに残る賑わいの跡。真っ暗で静かな夜が、今日もやってくる。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる