【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

奔別炭鉱

1902年から1971年に渡り操業。現存する高さ51mの立坑櫓(たてこうろ)は、当時の最先端技術が投入され1960年に完成した。トロッコに乗った鉱人達を地下へ垂直に運ぶエレベーター式の穴は、深さ735m内径6m‼東洋一ともてはやされた。

奥には立坑建設時に増設された、赤い屋根の巨大なホッパー跡も残る。

赤錆でぬかるんだ作業場。

上段入坑口と書かれた階段の先にfirst impact!が待ち受けていた。

ほぁぁぁ~!!立坑の真下に出てしまった。武骨な鉄の骨組みが、ぐ~っと上方へ伸びている。見上げると首が痛くなる。

傾いた階段が見えるだろうか。その下からひょっこり出てきた。壮観な眺めだ。

錆び具合も熟成の域。裏手へ回ろう。

現役の頃の様子は想像も出来ない。ただ重厚な音を立てながら、毎日毎日働いていたのだ。

逞しき鉱人達の檜舞台。日本の高度経済成長を力強く支え続けたのだ。

よく見るとまるで顔のよう。写真集でもよく見かける。漢たちの息遣いを間近で見守ってきた生き証人だ。

脇の階段から降り、迷宮のような構内を進むと、本日のsecond impact!!が待ち受けていた。





!!!

滑車を巻き上げる巨大な作業場。

静かに眠っていた巨大な機械たちが、突然の来訪者にそわそわし始めた。

人間の勝手な都合で引退させられたんだ。まだまだ活躍できるんだぞ。

SF世界のような操縦席。

通電すれば…まだ動くのだろうか。

「こいつ、動くぞ!」byガンダム

よしっ、みんな仕事の再開だ☆ロープの巻き上げ開始‼

前方の巻き上げ機は直径約5メートル。とんでもない力持ち。

ギュルギュル…立坑のてっぺんにある滑車と力を合わせて、鉱人達の乗ったトロッコを地中深くへ降ろし、石炭を山と積んで引き上げる。

横綱はも沈黙している。苦笑いされているよう。ゆっくりと悠久の時間が流れている。今までお疲れ様でした。

少し歩くとホッパー跡。

石炭を積んだ貨車が3列並んで入ることができたという。

このホッパー跡は後に倒壊したとの報を聞いた。

ならばこの構図は、もう誰も撮ることは出来ないのだろう。

高さ50mにも及ぶ立坑櫓は圧巻だった。巨大な巻き上げ機、てっぺんに添えられた巨大な滑車。地下には数百メートルもの垂直な穴が続く。ここには北の大地の壮大なロマンがある。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる