聖仁会小川病院

小川脳病院とも言われる。精神病院だったらしく、有名な心霊スポットでもある。1970年代には存在が確認されている。当時の入口は通行不能となっており、ここまでのアプローチには困難が伴った。
これでもかと言うほど、森の中に隠されている建物。…感慨深い。
古代文明のような廃れ具合。
建物の中へ入ってみよう。
コンクリートは残るが木は朽ちる。
足元が綱渡り状態だ。



さらに進む。右手には水のみ場。
トイレもあるぞ。
院内は広く、似通った部屋が並ぶ。




なぜこんな森の中にあるのかと言うと、やはり精神病院という特性があるのだろう。
奥の窓に注視すると…
頑丈な鉄格子。
精神病患者にどう向き合うか。
時代や世相により、対応も様々であったろう。
病院の最も奥に辿り着いた。
左側に一際小さな部屋が並ぶ。
重度の患者を隔離していたようだ。
天井付近に小さな窓があるのみ。常に外から監視される造りで、プライバシーは皆無。ここまで陰鬱な気持ちになる廃墟は珍しい。



最後にここの代名詞とも言える場所へ。
通称「ホルマリン風呂」とも呼ばれる大きな浴槽だ。ここには窓もなく、どんよりした空気が滞留していた。

そろそろ帰ろう。山中は日が暮れるのが驚くほど早いのを知っている。忘れられた空間は、今宵も深い森の中で静寂に包まれる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000