宇治茶寮

宇治川の岩風呂旅館としても紹介される。1960年代に開業し、会食と宿泊が楽しめる料理旅館だった。現在は建物の地上部分は解体されているが、地下部分の宴会場や岩風呂が残っている。
自然との調和、ゴツゴツしてる。
ここのシンボル的だったやつは、ついに折れてしまったようだ。
すぐそばを流れる宇治川に張り出した構造。
天井から光が射し込む。
営業当時はどんな様子だったのだろう。
廃墟としての歴史は長い。
落書きもお疲れ様~って感じだ。
宴会場へ。
The、殺風景。
びくとも動かない扉。
名物岩風呂は、きっとあの奥だ。
階段は地上へと繋がる。

では
名物岩風呂へ
じゃーん!
と言うのは冗談で… 
※配膳用エレベーターに描かれた絵。地上から丁度よく光が射し込んでいた。
こっちだ!
ジャーン!
味わいのある造り。
昔は宇治川がよく見えたのだろうか。
人々の賑やかな声はもう戻らない大浴場。
宇治川のせせらぎが、心地よく響き渡っていた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000