ほととぎす旅館

歴史は古く1931年に山中渓温泉の宿泊施設として開業。1960年頃には最盛期を迎え、阪和館、山中荘、元禄、つるのやなどが建ち並び、大阪の奥座敷とも称された。
風情のある広い庭園。
吊橋や石灯籠なども残されている。
時代の流れにより2005年には全ての旅館が廃業した。建物が残っているのは、ほととぎす旅館の二棟のみである。

まずは
別館へ
暗闇を抜けると、そこは無味乾燥の世界。
椅子たちが「もう何にもないよ」とばかりに佇んでいる。
とは言え、川のせせらぎが心地良く響く。
立地は抜群、風情ある旅館だったのだろう。
気が付くと屋上。
ほととぎす旅館(別館)は有名な心霊スポットでもあり、だいぶ草臥れていた。
風情ある庭を抜けて、本館へ。
そばには石造りの橋。
上の写真に吊り橋がみえる!!
これはこれは…。
実際に使われていたと思うが、今となっては危険極まりないぞ!!
本館へ。
こちらも荒廃しきっている。
若者たちの肝試し場所。
お客さんが寛いだであろう丸テーブル。
奥に川に架かる渡り廊下が見える。



素晴らしい眺め!
心地よい川のせせらぎ。
都会の喧騒から隔絶されている。



ブブン!ブブーン~‼
グラフィティーがうるさいぞ。
情緒をぶち壊してくれる。
廊下や部屋はこんな感じで。
お風呂場も完全崩壊。
近くに線路があり、時折ガタンゴトンと音を立てる。
ここも、気が付くと屋上にいた。
営業当時に訪問してみたかった。数多くの廃墟で感じることである。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000