奥上林小学校

昭和10年代の築と推測される古い小学校。ここは廃校・木造校舎ファンの間では有名で、色々なサイトやブログで紹介されている。
隣に体育館。戦後に作られた新しい奥上林小学校がその奥の崖の下にあり、体育館は継続して使用することとなった。

新校舎と体育館をつなぐ渡り廊下が
有名なのだ!
通称「余部鉄橋」と呼ばれるユニークな木造建築。この渡り廊下の長さは約30mだ。
頭上には標語。この後も様々な文言に出会うこととなる。
歩くと若干揺れるような…。
標語が話しかけてくる。
床板の隙間から下が少し見えるような気もする。
奥の扉は閉まっている。
ちなみに、蜂の巣があったので夏は注意だ。
え~と…え~と…。
高さ 八メートル二十五
子ども達の元気な声と、駆け上がる音が聞こえそうだ。
下へ降りてみよう。
崖ともいえる急な段差。子供たちを風雨にさらさず安全に誘導する手段として、結論がこの建築なのだ。
見上げると、確かに鉄橋のように見える。
新校舎も2005年から閉校となっている。
余部鉄橋は自然に溶け込んでいる。惚れ惚れする佇まいだ。頭上の雲と同じように、ゆっくりと悠久の時間が流れ続けている。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000