磐戸鉱山

大規模な施設が壮麗に残る石炭鉱山。1990年代まで操業していた。大きな黒文字で『安全第一 磐戸鉱山』とあり、インパクト抜群だ。
何かの侵入を拒むかのような木の壁。戦国時代の城はこんな感じだったのだろうか。
岩肌に張り付くような佇まい。あんな急斜面にどうやって構えたの…。
大きな半円状の窪み。
中には二機のホッパーだ。
ここにトラックがお尻から入り、上質な石灰石を積み乗せたのだろう。
カチカチに固まったボタン。
奥の看板は今も安全第一を喚起している。
ここから
汗をかきかき
登っていくと

どーん!!先程見上げていた工場群が現れた。
斜面を見下ろすと、すごい急勾配だ。
あの巨大タンクへ行ってみよう。



!!!
超巨大ホッパーだ!!
ベルトコンベアーがスッと伸びる。
外には螺旋階段。
植物が行く手を阻む中、登頂。
今日は空中戦だった。
あっちへこっちへ。
巨大な機器も発見!
後ろから見ると、まるでロケットだ!!
おっと…
これは…
タイヤじゃないか!!
本来の用途以外で、陸海空問わず様々な場所で活用される、必殺仕事人だ。
レールの中は、ローラーがゴロゴロゴロゴロ…。
ここはローラーが実に多かった。
よく見ると一ヶ所だけ、手前から五番目のローラーが欠けている(後から写真で気付いた)。
たまたま見つけていた、はぐれローラー。
きっとあの場所からコテンと落ちたのかな。

ここは静寂が際立つ山の中。日本の産業を支えた功労者たちの息遣いは、まだ至る所に感じられた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000