百島造船所

百島は瀬戸内海に浮かぶ小さな島。人口は500人に満たず、本土からフェリーで小一時間かけて到着だ。
瀬戸内海は、このように閉鎖した造船所が数多く残る。



見よ!!この巨大クレーン!!!
威風堂々たる佇まい。
ドローン等でも紹介されており、その映像は圧巻の一言。
下から見上げると迫力満天!!!
エヴァンゲリオンの使徒のようだ。
クレーンの先からの眺め。
逆光気味ではあるが、かえって神々しい感じだ。
光沢のある青いランプ傘が並ぶ。
働いていた人たちは、軽々とあの高い場所まで登ったのだろう。高所恐怖症の人では務まらない仕事だ。
周辺には多くの廃船が放棄されている。
2009年に廃業したと聞く。
大海原への船台は残されている。


錆び付いた階段を登る。
閉鎖して10年以上経っている。
慎重に、慎重に…。
運転室は大きく視界が開ける。
ロボットアニメのコックピットみたいだ。
高所は風が強い。
この高揚感も廃墟探索の醍醐味。
美しい瀬戸内の海を一人占めだ。


クレーンの先からも登ってみよう。
ふり
かえると…



今日一番の景色が広がった☆
青い海の中に、白い船が浮かぶ。

日本の産業を支えた巨大遺産は、これからもこの地で海を見守り続ける。いつ終わるとも知れない長い隠居生活は続く。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000