安芸造船所

夕暮れ時の造船所。
だいぶ前に閉鎖されたらしく、中はひっそり閑としている。
この場所から沢山の船が旅立っていった。
大海原ほどロマンを感じるものはないだろう。想像するだけで武者震いがする。
「君、分かってるねぇー」
振り返ると…
何とも言えないお顔の御仁だ。
この造船所の主に違いない。
きっともう誰も訪れないのだろう。
まっさらな砂が物語る。
と思ったら、そうでもなさそうだ…。
瀬戸内海は今日も穏やか。
津波の心配のない内海、交通の便も良く造船業は戦後大いに栄えた。
何か描かれているのかな。
いや、これは塗装作業の跡だ。
繋ぎ目や錆の見える状態から、完成した船を最後にお化粧してゆくのだ。
用途不明の鉄塊。
これは失敬…大海原を知っている顔だった。
夜の足音が近づいて来た。
人の営みの無いこの場所は、きっと真っ暗闇に包まれるだろう。
そして、また朝を迎える。
日本の造船業を支えた機械達は今も、誰かの帰りを待つようにそこにあり続けている。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000