陶製手榴弾

埼玉県のとある河川敷。この一帯には戦時中、巨大な火薬工場があった。戦争末期には陶製手榴弾を作っていたが、戦後に大量投棄され今でも残っているという。

遠目には判らない
近づいてみると…
それは紛れもなく陶器でできた手榴弾であった。
手榴弾といっても火薬を入れる前なので、爆発の危険はない。
どれもこれも割れていて無傷のものは見当たらない。
パッと見、完品?
期待はすぐに裏切られる。
※当時の写真だ
正式名称「四式陶製手榴弾」
戦局悪化による物資の不足により、苦肉の策で陶器を採用したという。ボンバーマンの爆弾じみた器に爆薬を入れた簡単なもので、あまりに威力が弱く、正直殆ど役に立たなかったらしい。
手榴弾に混じってつるはしだ。
あちらにも工具が見える。
実はこの場所には手榴弾を求めて、全国からひっきりなしに人が訪れている。
ゴールドラッシュならぬ、手榴弾ラッシュ!!!
その手のマニアや、大学関係者…時には本格的なガチ装備団体もやってくるそうな。
彼らが探すのは割れていない完品☆10年前ならいざ知らず、現在はほぼ無いと言ってよいと思う。
「テレビ取材も何回受けたかわかんないよ~」というのは、この場所を親切に案内して下さった地元の方の談である。
誰が置いたかドラゴンボール。
最近も人が訪れた形跡。
ジャリジャリ…  ジャリジャリ…
     ジャリジャリ…  ジャリジャリ…
実はこの日も数名先客がいて、黙々と掘っていた。まさに、潮干狩りのようだ。
掘っていた穴を見せてもらった。
完品は全く見当たらないと言う。

興味深いものを
見せてもらった
何か刻印がしてある。
「信」の刻印。これは信楽で作られたものであり、下には統制番号が見受けられる。
ちょっと興奮して、自分も探してみた。もちろん完品など見つからず、比較的良好なものが集まった。



洗ってみると、陶器ならではの渋いフォルムが姿をあらわした。完品はオークション等で数千円で取引されているようだ。個人的には値段ではなく自分で探し当てたいなぁと思うけど、難しいだろう。
日本は幸いにも平和が続いている。

少し照れ顔の陶器。
「もう物騒なものに使わないでね」
そんな呟きも聞こえてきそうである。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000