王滝楼

1970年代に開業した結婚式場と宿泊施設を兼ねた巨大な複合施設。新館と旧館からなり、収容人数は150名、複数の宴会場を備えていた。
まずは新館。こちらの設備投資が裏目に出て、閉業したらしいが…。
パチン…
パチン…
人の営みには我関せず…
廃墟の神様は、囲碁に興じている。
ちなみに外は、断崖絶壁。
窓辺には近寄りがたし。
広い宴会場だ。パンフレットと比較すると、いつもながら一抹の寂しさは拭えない。
…。
フロントへ。
不法投棄の山、山、山。
足の踏み場も無い。
旧館へ
行ってみよう
金属の手摺が無いのは解体途中か、はたまた盗難か。
いやもう、完熟。
再び宴会場だ。
厨房。
地下には大浴場があるはずだ。
ほんのり緑を帯びている。
本来ならば有ってはならない有事だが、廃墟となると、なんとも乙である。

祭事部屋は
トンでもないことに!
この物件は近年、放火があったと聞く。
煤っぽい空間、本殿も几帳も無惨な姿になってしまった。

最後に
サプライズが待っていた!!
披露宴会場だ。
天井にはシャンデリアの面影。
きっと誰かが置いていった象牙。
門出を祝福する造花も添えて。


建物の裏側には川が流れている。
長閑な田園風景に囲まれた巨大なホテル。
火事の焼け跡が哀愁を漂わせている。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000