白樺湖グランドホテル(前編)

別名SGホテル。バブル期に建てられたもので、様々な施設を兼ね備えた大規模ホテルだった。2000年頃まで開業していたらしい。
一歩入ると一面の廃世界。
シャンデリアから解き放たれた蝶。
ほんの一瞬だけ、自由に宙を舞った。
時間は止まったまま。
否。ここだけの時間が流れている。
活気のある声は消えてしまった。
静かに眠るダルマ。
浴場には、まさかの先客がいた。
チラッ!?



こ…こりゃ、失礼しましたぁ~(汗)
彼女は見た目に寄らず、かなりの重量。
訪問する度に場所が変わるという…。
風呂上がりには
渋い
大人の時間
ディスコ&スナック ~BLUE STAR~
ここで多くの語りが紡がれたに違いない。
華やかなネオンは遠い昔。
このタンバリンは反則だ。
これほど哀愁を感じさせるものは無い。
物置部屋だろうか。使われなくなった椅子達が、暇をもて余している。
きちんと並べられた椅子。
当時の営みを感じさせるものだ。
廃墟マニアは、こういう部屋が大好物。
これから待ち受ける世界に胸が高鳴る。

続く

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000