霧ヶ峰ホテル

1951年に開業し2011年に幕を閉じた。地下1階地上4階、全50室の大型ホテル。霧ヶ峰という名の通り、深い霧に包まれている。
見上げると、国の天然記念物に指定されているカモシカ。この辺りは生息地として有名だ。
寒さのせいか、際立つ静寂。
近くにはスキー場がある。
きっとここの繁忙期は冬だったのだろう。
氷で少し滑る廊下。アルプス食堂とな、少し先にはパーテーション付きの大広間。
地下には真っ赤な娯楽室。
この先は、スキーの用具置き場らしいが…
ドキッとするような廃墟色に染まっていた。
昔はどこかにカモシカの剥製があったらしいが、見当たらない。
上へ行こう。
浴室は2階という変わった造り。
窓から外を見ると…
一面の銀世界。
冬こそ温泉だ。お客さんは、スキーで疲れた体を芯まで温める。
さらに上へ。

客室に触れない理由は
次の写真で納得
まるで現役なのだ。寒冷地は廃の手が及びにくい。冷凍保存のように秩序が保たれている。
4階。誰が仕組んだのか、絵本が廊下に並べられている。

帰り道
ふと目をやると
非常口が開放されており、寒々しい光景だ。思わず身震い…今年もまた冬将軍がやってくる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000