木谷小学校

1883年に開校し1968年に閉校した。美しい木造二階建て校舎が、かなり朽ちた状態で残っている。

驚いた…
建物全体が歪んでいる!!
まるでハウルの動く城だ。
横の渡り廊下など、完全に床が抜けている!!
正面の屋根とか崩落している!!
慎重にしずしずと進む。
奥の広い講堂へ行ってみよう。
ここは「木谷峡自然の家」として野外活動に活用されていた時期もあった。「躍進」「奉仕」その間にもきっと標語はあったのだろう。
オルガンとねずみさん。
君たちはいつからここにいるの。
確実に迫る崩壊、気持ちは穏やかではない。
廊下にはびっしりと寄付者の札。
地域で愛され大切にされてきた証だ。
二階では「希望の朝」がお出迎え。
当の自身は警戒心で気が気ではない。
教室はなんと二部屋のみ。
手前が1.2.3年で、奥が4.5.6年とある。
入室した瞬間、太陽が顔を出した。
外では桜が三分咲き。
いつか満開の季節に再訪したいが、この建物は待ってはくれないだろう。
特別教室では、驚きの光景が広がっていた。
 


「吟 遊 詩 人」
バンドの名前だろうか。それぞれのパートの担当も書いてある。キラリと光る青春の灯火を垣間見た瞬間だった。
帰りは「感謝の夕」がお見送り。
建物を出るまでが探索、気は休まらない。
踊り場には重量級。
彼らが崩壊の一助を担っているのは間違いないだろう。
自分が最後の訪問者なのか。
はたまた好事家がやって来るのか。
多くの青春が駆け抜けていった昇降口を、しずしずと通り抜ける。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000