箱根ボウル

1970年代から存在が確認できるボーリング場。2008年には廃墟としての言及が見られる。一見するとボーリング場には見えない。
いらっしゃいませ…。
地下がボーリング場になっていた。
レーンの奥に
行ってみよう
とにかく暗い。しかも、ネジなどの突起物がかなり多いので、普通の靴だとトンでもないことになるだろう。
雨上がりのサプライズ♪
暗闇からパッと視界に広がった。
錆と緑とコンクリート。
廃墟の王道。
再び暗闇ワールドへ。
水溜まりでは、沢山のおたまじゃくしが泳いでいた。夏は蛙の合唱が響き渡るのかな。
ガーターの溝にも水。
当時の物は
徹底して無い。
解体作業で、全て片付けたのだろう。

思ったら
奇跡的に「りょうきんひょう」発見。
※ここはひらがな表記ばかりだ
二階は機械室。
当時の看板があった。
初夏の緑と螺旋階段。
廃墟の中で、巡る季節。
なぜこんな場所にボーリング場を…とは思わない。世の中には時流があるのだ。
1970年代は空前のボーリングブームが沸き起こった。最盛期には全国に3697箇所もあったという。
この駐車場もきっと車で埋め尽くされたに違いない。
この屋上の突起物はなんだろう…



きっと巨大なボーリングのピンを立てていたのでは…と後に推測した。可能性は高いと思うが、調べようにも術がないのだ。



Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000