打梨小学校

1971年3月、統合により閉校した小学校。人気のない山中に、木造平屋建て校舎が残っている。
「離合場所」の看板が多数。狭い場所で車がすれ違う場所の意味らしいが、この辺りに車の気配は無かった。
教職員宿舎。
入ってみよう。
一階は給食室。
1937年時点で、なんと約170名の生徒が通っていたという。ここは大忙しだったろう。
二階。窓越しの風景。


校内は木材置き場になっていた。
一見、何も残っていない。
そんな中、当時の面影を探すのは宝探しのような感覚だ。
あいうえお
お馴染みの東西南北
九九算  部首
ここは確かに学び舎だった。
奥になんかいるぞ!!



あー!!

ニモさんだ☆
年代から学校当時のものではないだろうし、キニナルキニナル…。どこから泳いできたのー?
奥も物置としてごった返していた。
今と違い、多くが紙媒体で手書きだった。
生活の温もりを随所で感じられる昭和の廃校が大好きだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000