老松温泉喜楽旅館

廃墟然とした様相から廃墟ファン、B級温泉マニア、ボロ宿マニアに注目されてきた温泉宿である。この道の先にあるぞー。
因みに、ここは喜楽旅館の元温泉施設だったらしい。
ふむふむ
なんとも質素な。
石碑には「那須の珍湯」とある。この辺りにはライバル温泉が多く、喜楽旅館くらいのぶち抜いたインパクトがなければ、生き残れないだろう。
もうすぐだ。
ちょっと丘に登る。
川を隔てた、向こう側には廃墟群。
ついにやって来た!喜楽旅館。
内湯がある建物。独自の源泉を贅沢な掛け流しで提供しているそうだ。
向かい側に受付。
『入浴一回45分、大人500円、子供300円』
「すみませ~ん」       しーん
「すみませ~~ん」      しーーん
な、なんと、2019年12月16日をもって閉館したそうだ。
通りすがりの方が教えてくれた。
せっかくだから、カメラに収めよう。
この大きな崩落は、現役の頃からだ。
入ってみたかったなぁ。外観とは異なり、中は割りと小綺麗だったようである。
一帯には硫黄の臭いが立ち込める。
観光地として賑わった時期もあったのだろう。
老松温泉の歴史は70年ほど。戦後に先代から二代目と引き継いできたという。
昭和の風景がまた一つ、幕を下ろした。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000