国道沿いの養豚場跡

1963~75年に建設されたらしい。二階建てのかなり長いコンクリート造りだ。不使用となった時期は不明で、養豚場であったのも推測の域である。
養豚場と聞くと、何となく負のイメージが先行してしまうが…
一歩踏み込んだ途端、そんな気持ちはどこへやら。
灰の世界に緑が眩しく映えていた。
心地よい風が場内を吹き抜ける。
残留物は殆どない。
長い星霜は養豚場に新しい命を吹き込んだ。
美しい廃墟として生まれ変わったのだ。
外からの眺め。
二階への階段は寸断されている。
このエレベーターを使うしかなさそうだ。



到着。
若干の落書きが見受けられる。
地元の溜まり場にもなったのだろう。
外観では屋上に鉄骨が伸びていた。
さらに三階を増築する計画だったのか。
この手の廃墟は予告無しに解体される。
一期一会の気持ちで練り歩く。
当時は豚の声が響いていたのかな。
国道がすぐそばに。
最初見つけた時はなかなかのインパクトだった。
周囲は畑や田んぼに囲まれている。
長閑な風景の中に異彩を放つコンクリ遺構。
今もひっそりと鎮座し続ける。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000