うすい女子寮

1964~71年に建設された百貨店の女子独身寮。二階建ての8棟が並んでおり、1987年まで使用されていた。地元では心霊スポット扱いで、建物全体が緑に飲み込まれつつある。
あまりにも巨大。
圧倒されてしまった。
一歩入ると、そこは昭和の団地。
ノスタルジーが流れている。
部屋の中は、すっからかん。
どこの部屋も似た感じ。
圧巻はこの中央廊下だ。
8棟の寮はここで繋がれている。
全部回ろうとしたら、時間はいくらあっても足りない。
一棟に絞って回る。

部屋に
入ってみよう
独身の女子寮だもの。当時は恋愛話などで盛り上がったのかな。
ベランダから外は緑が繁茂している。
真夏はもっと凄いだろう。

屋上に
行ってみよう
広~い!!
ここは松尾鉱山のアパート群と似た感じがした。
棟と棟の間も背の高い緑に包まれる。
なんとも雄大な廃墟である。
再び中央廊下。
奥に見える扉から、中庭に出られそうだ。


クモの巣の多いこと。
赤いのは消火栓。
あのベランダに洗濯物がパタパタ…。
そんな風景をここから眺めていたのだ。
再び中央廊下を進む。
天気に恵まれたら、この廊下は見応えがありそうだ。



…なんだか荘厳な雰囲気!!
これは予想外の光景。お釣りをもらったような嬉しい気持ちになった。
この女子寮は2013年に、道路に面した棟が解体された。少しずつではあるが、お別れの時期は近づいている。
バブル期を謳歌した建物には高揚感を感じる。廃墟となって尚、当時の勢いが随所に残っているような気がするのだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000