パチンコ・フタミ

福島の国道を走っていると突然パチンコ屋の廃墟。閉業時期不祥ながら、10年以上は放置されていそうな佇まいである。
年齢はクリア。
パチンコ屋さん特有の、あの大音量はもう響かない。
かつては地元の数少ない娯楽の場所として、繁盛していたのだろう。
顔の無いパチンコ台。
以前はお客さんと毎日にらめっこしていた。
今は新しい世界を映し出している。
ほんとはもっと外に出たくてしょうがないのだ。
パチンコ玉を踏まないよう下ばかりを見ていたら…。上、上、上…


!!!
夜中だったら、びっくりしたかも…。
休憩室では植生が進んでいた。
外を一周してみよう。
裏側はトンでもないことに…!



な…何があった?
少し解体が入ったのか?
立つ鳥跡を濁さず。
潰れたパチンコ屋さんの放置は全国的に問題になっているという。色々事情はあるみたいだが、ここもまた一抹の寂しさが漂う。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000