千越大樓

活気あふれる台中の街中。とてつもない存在感を放ちランドマーク化している複合施設ビルの廃墟。
エレベーターは稼働していない(動いても使わない)。階段を使って登るしかない。

5階までは各フロアーががっちり密閉されていた。さらに登り続ける。
途中真っ暗で、薄暗い電灯が点滅する不気味な場所もあった。やっと明るい空間に到着すると…
これは凄い‼生命の神秘を感じるようなグラフィティー。長く階段を登ってきた疲れが吹き飛んだ。
断れない。これは座るしかない。
この階は屋上につながっていた。はやる気持ちを抑え、階段をトントントン…。
めっちゃいい‼ここは高層ビルの屋上、相乗効果で気持ちも高まる。

都会のど真ん中。見晴らし最高。
早速、中に入る。ここはカラオケ施設だった。外に面した部屋が複数あり、こんな絶景で歌ったら気持ちいいだろうな。
2階に登ると蛙さんが出迎えてくれた。この構図がお気に入りだ。


3階に登ると床が抜けまくっていた。この突き抜けた穴のお陰で…
2階からはこんなアングルショットが撮れるのだ。夜の表情も気になるので再訪決定。

外側の階段を発見し、5階に位置する広場まで降りた。夕陽が気持ちいい。
探索を進めると、グラフィティーアートの描き手達がテナントを構えるフロアーもあった。
そして、この不思議な部屋。しっかり眺めておいてほしい。夜に再訪した際に、驚きの光景へと生まれ変わっていたのだ。



夜に再訪

⬇ 

高層廃墟の夜景は良い。下の写真、宮原眼科が見えるだろうか。台湾の超有名スイーツ店だ。その真ん前にこのビルは鎮座している。
あの、お気に入りの構図で写真撮影。
例の不思議な部屋だ。知らずに偶然入り込んだので、驚いたのなんの。廃墟の神様はサプライズがお好き。
廃墟には出会いもある。言葉は通じなくとも共通の思いがあれば、それで十分だ。さらにドキドキも共有出来れば、もうかけがえのない戦友である。また、三人でここに集おうぜ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000