きぬ川館本店

廃墟ホテルが乱立する鬼怒川温泉。その中で最も有名なのが、老舗きぬ川館本店の「名物かっぱ風呂」だ。1999年に30億円の負債を抱えて閉館。廃墟界の大御所となった。
川沿いの斜面に建てられたので、フロントは5階。客室から眼下に見えるは鬼怒川。その奥に見える滝見橋は観光スポット。ちなみに、向かい側のホテルは現役である。
全80室を備えた巨大ホテル。年月を経て、自然との共生が進んでいた。
奥に人影のようなものが。ここは心霊スポットとしても有名だが、まさか…。
銅像かいっ!
それにしても、窓際の植生が美しい。
日の当たらない場所では腐敗が進む。

一つ目の目玉が
あらわれた

かっぱの壁画が残る宴会場だ。なぜか、赤いスタンド型サンドバッグがある。
この壁画、モザイクアートで出来ている。昔、泉でかっぱが湯浴みをしているのを村の釣り人が見つけたのが、かっぱ伝説の始まりなそうな。
ホテルはかなり広くて、まさに迷宮。ゲームセンターには懐かしのマシンが並ぶ。
落書きが多い部屋やら、廊下やら…。油断すると迷いそうだ。
窓から壁に飛び移ったり、屋上を目指したり…。厨房、機械室、小さめの浴場、会議室、建設途中の部屋…とにかく広い。ここは余りにも広すぎる。
その中で最も衝撃的だった場所。写真の右端は仏壇で、遺影が飾られていた。何故に、放置…。
直接載せるのは気が引けるので、気になる方は此方のリンクへ⬇(モザイク加工済み)
https://flic.kr/s/aHsm52u5Vv
それでは、今日の一番の目玉「かっぱ風呂」。一度外から眺める。開放的で大きな窓だ。よし行くぞ‼
大浴場は、男女入れ換え制ではなく殿方専用だった。時代を感じる。

さあ
名物「かっぱ風呂」へ
なんて気持ちいい空間。梅雨晴れの陽射しが眩しい。日焼け止めが必要なくらいポッカポカ。小一時間も、逗留してしまった
振り返ると、上にアーチ状の窓。一枚目の写真はあの場所から撮影したもの。そして、中央になんかいるぞ。
河童じゃ、河童‼温泉はカッパの股間から沸いていたのだ。
最後に鹿の剥製にも会えた。ここは一昔前の旅館の情緒がそのままパッケージされている。今でもかっぱ達の楽しげな声が確かに聞こえてくるよ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000