田老鉱山

東北三大鉱山の一つ。従業員1800人を越える大規模な銅山であった。深い森林に囲まれた台地に神殿のような遺構が残されており、鉱山系廃墟としては文句無しに日本の代表格だ。
ワクワクしてきた!
荘厳だ。とにかく迫力満天。
幾何学的な黄色いコンクリートが並ぶ。見上げると、赤茶色の鉄骨が眩しい。
田老鉱山で有名な絵。その絵が代名詞となれるか、知らんぷりされるかは、実に紙一重。
見上げるとゴンドラのような事務所が天井にぶら下がっている。東日本大震災で相当揺れたはずなのに、満身創痍で踏ん張った。
あの階段から上に行こう。
なんて心もとない階段。
慎重に慎重に。崩壊の時はそう遠くないかも。
さっき見上げた宙ぶらりんの事務所。建物に宿った魂が、廃墟になっても折れずに己を支えている。グッとくるぜ。
壮大な人工物が植物に侵食されていく光景はまさに圧巻だ。
自然の中にあって不自然さを感じさせない。時間の経過と共に人工物は自然に還り、そして同化してゆく。
敷地は広大で、他にも見所は沢山あった。


一階は火事で焼けただれていた。階段のコンクリートも剥がれまくり。うっすら苔が見える。
鉱山の古い資料がたくさん。
大満足だ。天気予報によると、台風が迫っている。早く帰ろう。
ダンジョンのアイドルや、幻想的な水をたたえた巨大シックナーにも会えた。
まだまだ田老鉱山魅力は伝えきれていない。この先は自身の目で確かめてほしい。
今日一番のお気に入りはこれだ。まるで天空の城ラピュタのよう。
どうやっても、あの島には行けそうにない。あまりに幻想的な、あまりに美しい風景に、一日中嘆息が止まらなかった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000