サトーンタワー

タイにある桁違いの超高層廃墟ビル。1990年のバブル経済期に着工し、約600ユニットを誇る185m49階建ての高級分譲マンションとして完成するはずだった。しかし、1997年のアジア通貨危機で会社が倒産。建設途中で放置されたので、壁はほとんどなく、柱と床だけで構成されている。地元では「幽霊塔」と呼ばれているらしい。
知る人ぞ知る、世界レベルの廃墟物件だ。
無機質なコンクリを見ていると、真鶴ブロックアートを思い出す。
壁がないので、すっごい開放感。奥へ行ってみよう。
このフロアのボス。骸骨を二匹従えてかなり強そう。それでは、最上階を目指そう。

大冒険が始まった…胸が高鳴る。凹の形の床は、以前エスカレーターを設置していた跡だ。
ひたすら階段を登り続ける。住居フロアーは似たような景色が続く。
エレベーターの建設予定だった穴。
やっと、住居フロアーを抜けたようだ。
どんなに安全と言われても、こんな高層階に住みたくないなぁと思うのは貧乏性だろうか。
屋上はもうすぐ。このベランダには、雨水により池が出来ていた。
当ブログの表紙に飾っている場所。眼下に流れるのはチャオプラヤ川。
つ…ついに、屋上だ。長かった~‼
注:49階は伊達じゃない
イギリスのストンヘンジみたい。あの黄金の高層タワーは、映画のロケ地にもなった。67階建てで「世界で最も高い場所」にあるレストラン&バーが人気らしい。ここからの夜景も折り紙つきであることは、想像に難くない。
広い屋上だ。一昔前は欧米人や地元の若者が夜な夜なここで酒盛りをしていたという。誰でも簡単にウェルカムな時代もあったのだ。
バンコクを一望する素晴らしい景色。
注:高さ約200m
帰り際、偶然立ち寄ったフロアーで物音がした。スプレーの音だったので、もしやと思い近づくと、アートを描いているアメリカ人とバッタリ。場所が場所だけに心臓止まるかと思った。
地上に戻ってきた。もう夕暮れ時だ。
高架鉄道BTSサバーンタクシン駅のホームから撮影。この駅に降りた人は、大抵この存在感抜群の廃墟ビルを指差す。写真を撮る人もいる。今日、屋上まで行ったんだぜ。サトーンタワーは間違いなく世界レベルの廃墟だった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000