海軍鹿島航空基地跡

第二次世界大戦中に使われた基地で、発電機室やボイラー室などが残っている。広い敷地は夏になると、背丈ほどの草に覆われる。
そんな夏にやってきた。もっさもっさ…。
発電機室。天井ループが印象的だ。さらに草をかき分けボイラー室に向かう。
窓越しに有名なあれが見える。廃墟の写真集でも定番の御仁だ。
ど~ん。威風堂々たる佇まい。ボイラーマンだ。予想より遥かに大きい。見上げる構図しか撮れない
背丈は3mくらいだろうか。
そばには円柱状の巨大高炉が二つ。赤茶色の煉瓦が映える。
こちらも、廃墟の写真集で有名なご尊顔。
ぱこーん、目からビーム☆
この大きな釜は一体何に使ったのだろう。昭和十四年製造という刻印があった。
なんだか、戦艦に乗った気分。
ふと見上げると大煙突。このボイラー室の裏側にあった。行ってみよう。
裏手に回ると、建屋から突き抜けた煙突が崩れ落ちていた。これはボイラーマンに繋がっていたものだ。
大煙突を見上げる。夏を過ぎると緑は消え、この辺りは寒々しい更地となる。全く別の顔を見せるという。
少し涼んでから帰ろう。この近くには「霞ヶ浦分院」という有名廃墟がある。スピッツの「空も飛べるはず」のPVにも使われており、いつか訪れたい場所なのだ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000