湖南小学校後山分校

1948年に建築された分校。山深い長閑な村落の中に佇んでいる。増改築により校舎の構造が変則的でハウルの動く城みたいだ。
1968年に閉校。映画「ひぐらしのなく頃に」のロケ地にも使用された。
裏山から撮った一枚。天気が良くて気持ちいい。

この体育館の板張りの色褪せ具合。熟成されたワイン樽のように渋みがある。
戦前からの本がたくさん残されている。
レコードプレーヤー。木製のみかん箱だ。
現役時はこの後山地区たけではなく、付近の区域の児童も通っていた。沢山の子供が山間部では比較的大きなこの学校に身を寄せて勉強していた。
左手に音楽室。中央を降りると給食室。右手の渡り廊下を進むと体育館だ。
もう使われることのない古いオルガンが、暇をもて余している。
釜戸を備えた給食室。外観で煙突が突き出していた場所はここだったんだ。林間学校としての役割も果たしたのだろう。
昭和のトイレはみんなこんな感じ。男女の区分けもない。
体育館はどこにでもあるような感じだった。逆にそれが良い。落ち着く。
踊り場の採光窓が良い感じだ。この手すりをお尻で滑る奴、絶対いたはず(笑)

二階。テレビは白黒だろうか、機織り機がたくさんあった。
何度、窓から外を眺めただろう。天気の良さも手伝い、都会では見られない長閑な景色を演出してくれる♪


一つ、悲しいお知らせがある。
今月、この校舎は解体される。約70年の歴史に幕を閉じる。その情報を知り急いでやって来て、滑り込みセーフの撮影だった。中庭の窓が一つだけ開いた時、優しく招かれたような気がした。
廃墟美とは滅びの寸前の輝きだ。校舎が無くなろうとも、ここで過ごした人々の記憶は、消えることはない。普段とは少し違う心持ちで、この廃墟を眺め、別れを告げた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000