平野医院

大正末期に開業された歴史的価値の高い木造建築。正面玄関のデザインがどことなく西洋風で、赤い屋根の鬼(おに)部に平マークが見える。
まず、この階段に驚いた。完全に崩壊している。
まだ走り足りなそうな自転車が、暇をもて余す。玄関は固く閉ざされている。
重厚なジャノメミシン。調べてみたら1950~60年頃の足踏みミシンだった。
用途不明。
入口のマークは反対向きなのではない。この時代は右から左に読むのだ。
入口の先はこの医院の一番の特徴である六角形に扉が配置された小部屋だ。とってもお洒落な造り。右側に薬瓶のシルエット…見に行こう。
地面にたくさんの貝殻が落ちていた。昔、薬の入れ物として使われたというから驚きだ。
薬局の無い時代。解熱剤や胃腸薬などの処方薬は病院内で調合していた。
この壁の絵が二階へ行けと誘う。
こっちの階段も崩壊済み。駄目じゃあ~。
何とか登った。
何か散乱している。
戦時中の写真だ。写真に写るのは平野医院の院長さんと思われる。兵役にも就いたようだ。戦争はすべての人の人生を狂わせる。すごくすごくリアルだ。
今も存命なのか、それともこの世にいないのか、それもわからない。ただ、この場所に廃墟がある。それは現実だ。窓の外はあきれるくらいに長閑だった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000