田浦廃村

市街地からこの踏切を越えると、二十数軒の家屋が多くの残留物を残したまま放棄されている。30年以上前の昭和が息づいている。
夏の終わりを告げる虫たちの声。川のせせらぎ。
人の気配は一つもしない、静寂の世界。
危ない‼井戸だ。落ちたらタダでは済まない。
えっ。
30年前は確かに人々が生活していた。家屋が密集しているので、近所付き合いも深かっただろう。
人為的な破壊も去ることながら、時間は最大の破壊者なのだ。
もうスイッチの入らないテレビは何を映す。
もう弾かれることのないピアノは何を語る。
もう戻って来ない主を、いまだに待ち続けているのだろうか。
各家には解体工事のために、数年前から番号が振られている。たが、工事は一向に行われず…。
ただいまー。小さく呟いてみる。横に昆虫の飼育ケース。子どもがいたようだ。
お腹すいたー。先に、お風呂入ってらっしゃい。
洗濯機が二層式だ。ちょっと覗くけろっぴが、妙に生活感を感じさせる。
子供部屋。ファミコンが全盛期。こぐまのトンピーも元気よく太鼓を叩いていたに違いない。
昭和生まれの人には本当に懐かしい。誰もが通った通過点がここにはある。
実は急遽ここにやって来た。ご覧の通り解体工事が始まっているのだ。
屋内のものを袋詰めして、あとは重機でペシャンコ。実に効率よく。
今年中に全て更地になり、別の何かが建てられるらしい
世間の潮流が廃墟をこの世から消してゆく。忘れないでね。振り返ると赤いテレビが自分を真っ直ぐに見据えていた。そんな廃墟の声を聞くために、これからも足を運ぶ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 北川竜之介

    2018.09.14 01:51

    この時から1週間後に再訪しました。家屋はさらに2棟解体されていて、もうこの世にない景色が投稿写真の中に... 業者ともニアミスして大変でしたが、ギリギリ調査出来たことは幸運でしたね🙌