下田富士屋ホテル

国道沿いの目立つ場所にある昭和の老舗ホテル。すぐ近くに立派な道の駅もあり、観光地のど真ん中だ。アニメ「夏色キセキ」の幽霊ホテルのモデルとしても有名らしい。
廃墟年齢的には老翁の域にあり、緑が立派な顎髭に見える。残された魅力を探しに、正面の車寄せへ向かう。
予想通り荒れ果てている。先人のブログだと、姐さん(日本人形)達の盛大な出迎えがあるらしいが、どこにも見当たらない。

二階のロビー。このピンクの自販機、昔どこかで見た気がしたが思い出せなかった。
喫煙所という概念が当時にはない。客人はソファーに座ってのんびり煙草を燻らせただろう。
館内は複雑で迷宮のよう。
剃刀の販売機が見つめる先。展望大浴場だ。
下田湾を一望できるロケーションが待っていた。
【旅の心は湯の香り。溢れるいで湯と眺めの良さ‼】※パンフレットの写真とフレーズを引用
三階にやって来た。左側の天井が崩落している。頑張ってその先に入ると厨房があった。

客室はご覧の通り。放火があったのかな。
四階。先程の崩落の真上。風雨により床が腐食したんだ。アリ地獄のように、通行を阻んでいる。
客室は天井から光が差し込むことにより、命が芽吹く。
大広間の案内文字。自然と足早になる。
壮観だ。200名様を収容できる135帖の大宴会場のお出ましだ‼
こんな宙吊りに○○様って書かれてみたいものだ。壇上でマイクスタンドの前に立ってみる。
下田は芸者さんが有名。美人芸妓揃いで、下田節の一節に「伊豆の下田に長居はおよし、縞の財布も軽くなる」と唄われる程だ。
大広間から外に出てみた。この場所でほろ酔いのお客さんが、下田湾を眺めながら夜風を浴びたのだろうか。
戻る途中、卓球台を発見した。ラケットがゾンビ化している。…てか、部屋が狭すぎやしないか。
なんと、帰り際はべっぴんな姐さんが二人、お見送りをしてくれた。廃墟界の老翁は、昭和の情緒溢れる懐かしいホテルだった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000