沼東小学校

1906年に簡易教育所として開校、1947年に沼東小学校となる。ピーク時には29学級、児童数1570名にまでなったというから驚きだ。三菱美唄炭鉱の閉山に伴い1974年に閉校となった。
ここまで来る道は決して平坦ではない。熊鈴を鳴らし、橋を渡ってきた。
沼東小学校は川の水が入り込む場所にあり、一階が水没している。
水飲み場。子供たちの活気ある声はもう響かない。
螺旋階段だ。落ち着いた色のトーン、清潔感すら感じられる。
円形の建物は、建設資材が少なく頑丈であるという点から、自然の厳しい北海道で重宝された。しかし、増築ができず専門的な技術も要する事から廃れていったという。
教室がどれもバームクーヘン状の形をしている。「正面黒板」の文字。最初の建築過程で記されたものだろうか。
見上げる。廃墟美に会えるかどうかは、廃墟の神様の気まぐれ。今日はご機嫌らしい。
右手に穴。円柱の中を覗いてみよう。
上方と下方をチラリ。ふむふむ。
光が作る芸術。設計&建築に関わった人たちはこれを見て、会心の笑みを浮かべたに違いない。
まるで北の大地に降り注ぐ満天の星たちのよう。

円形に黒錆びた手すり。
水没した一階へ行ってみよう。
ジャブジャブ進む。

水だって芸術家だ。授業中に子供たちが眺めた窓が、こんな光景をつくろうとは誰が想像できよう。

※沼東小学校はずっと行きたかった。北海道旅行の下調べで、幾つかの有名廃墟が事切れたことを知り、誰かが亡くなったような気持ちになった。ここは訪問することが出来て本当に本当に良かった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000