伊香保観光ホテル

1924年、伊香保に外国人向けホテルとして建設された。てっぺんの五重塔風の棟屋が特長的。木造3階建、一部RC造地下室付き。半円形の窓や昭和初期のままの大広間、木造螺旋階段などが美しく、1998年9月2日には国の登録有形文化財に登録された。
まずは大広間へ。経年劣化が凄いのは割り引きに、朽ちても有形文化財。
屋内はセピアの世界。錆び具合が長い時間を感じさせる。
群馬のマヤカン。SAMの好きな廃墟ブロガーの一人「りんご」さんが付けた異名。
外は晩秋の候。カメラには美味しい季節だ。
コーヒーラウンジを通り抜け、右折すると浴場だ。※案内図を手に入れたのでスムーズ
地図に、フェニックス風呂とある。
地図に、岩風呂とある。やはり予想通りだ。昔の浴場は女性側より男性側の方が広くて立派。時代を感じる。

厨房はO157(日本で注目され始めたのは1996年頃)対策がバッチリだ。地下室には何もなく…
さぁ、木造螺旋階段を堪能しよう。吊り下げランプがかわいらしい。
窓や柱など、細部にまで手間をかけている。落ち着いた色のトーンに、赤い階段が映える。そして、静寂。
右奥の掲示物の見出し「文化財を歩く」2006年の記事だ。廃墟になって、10年程か。
大正時代末期にこの建物は誕生した。モダンな造りには今の建物にはない良さがある。
3階到着、ぐっと明るくなった。ここを右折すると非常口。屋根の上を通る木製の道が、たまにバリッと抜ける。
この右奥の非常口から、五重棟風の棟屋内部を通る階段を見つけた。



圧巻だ。ここはお客さんは立ち入ることが出来ないはず。そこに、この小洒落た造りは、あまりにも心憎いよ。
鍵の数がやたら多いドアを開けて、無事登頂。足元には親切なメッセージ。
来て良かった♪
大正建築には物言わぬ凄みを感じる。年輪が違うのだ。世の中は半年後に、平成から次の年号へ変わり何だか落ち着かない。でも、ここは静かだ。国に勲章まで与えられたホテルは、伊香保の林の中で静かに眠っていた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000