日窒鉱山

通称「ニッチツ」。廃墟としては、あまりに有名である。学校や住宅や病院などが注目されるが、鉱山に焦点を当てたブログは希少だ。Departureの総力を上げて探索する。
ニッチツとの出会いは数年前に遡る。気づけば毎年来ており、それだけ奥が深く、派手さはないが魅力的な物件なのだ。トンネルを抜けて右手にある廃屋、今年も健在だ。
敷地は広い。けっこう歩く。
途中、斜面を下ると怪しい洞窟が待ち受けている。
赤茶色の泥水が流れる。以前、ここを突っ切ったが、深い泥沼地獄が随所にあり足場も乏しく酷い目にあった。
少し離れて滝。思わず泳ぎたくなるほど美しい。
しばらく進むと、このような場所に着く。右側のコンクリートを覗くと…。
深い。底は水が溜まっていた。鉱山には洞窟(ダンジョン)が付き物だ。ダンジョン系は廃墟探索のレベルでいうとMAXに位置する。
廃墟探索の駆け出しの頃、ニッチツのダンジョンに返り討ちにあった。今回はリベンジ戦でもあるのだ。
やっと着いた。一度、深呼吸して入る。
ずっと進むと岐路があり、まずは右へ。コンクリや木片が点在している。と、その時…!
何かいる。恐らくイタチの仲間。写真の奥にうっすら見えるだろうか。数匹おり逃げる素振りもなく、不思議そうにこちらを見ていた。
やっと突き当たりに到着。梯子があったが先は鉄板で塞がれていた。
岐路まで戻り、今度は直進。上写真の右奥に空洞があり、かなり狭い。見上げると光。
ダイヤモンドのようだ。


屈んでぎりぎり通れるかどうか。
体をねじる。
肩は通るが、腰がつかえる。
ズボンのポケットの異物がつかえる。
ネジ巻きの釘のように再びねじる。
ダンジョンは暗い故に画力が弱い。しかし、当人の体感度は筆舌に尽くしがたい。伝わるだろうか。
ふぅ、マリオのように出てきた。
緑生い茂る季節、ここを覗き込んだ。少しだけ全容が明らかになった。
ニッチツは広い。先を急ごう。
頼もしき仲間たち。今日は総力戦だ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000