杲小学校

国道から突如見える二棟の建物。右側は旧校舎&左側は新校舎。印象派の絵画の世界に、ふんわり優しく舞い降りたかのような風景だ。
お馴染みの二宮金次郎。『怒るな働らけ』と土台に記してある。後からじわじわ来る言葉だ。
凄い‼思わず声をあげた。これぞ、木造学校の織り成す極上の風景。大好物だ。
理科の教材を入れる棚。手書きだろうか、秀逸。
校内で一番の韋駄天はさぞ鼻が高かっただろう。現在は何だかんだで、こういうことはしないだろうな。
奥の黒板には年間行事予定がびっしり残っていた。ここは保存状態が良い。
保健室のガラス窓に可愛い絵。当時のものだろう。牧歌的で心がなごむ。
校長室には鍵のかけられた重厚な金庫。横の真鍮版画は平成9年の卒業製作。卒業生みんなの名前が彫られていた。
突き当たりは1年生の教室。趣のある木造階段を登り、二階の上級生ゾーンへ。
二階からの眺め。旧校舎に繋がる渡り廊下の屋根がうねっている。
ゴムボールが暇を持て余している。
この6年の教室が泣けた。
卒業の寄せ書きではないか。閉校の年(平成13年)に書かれたものが未だに残っている。通常の卒業式とは異なり、在校生もここを去らなければならなかった。
先ほど二階から眺めた渡り廊下。この先に旧校舎(明治7年に開校‼)がある。
旧校舎は二階に登る階段の踊り場の底がガッツリ抜けていた…。音楽室では、広い部屋の真ん中で木管が佇む。
沖縄・鹿児島の海の貝。当時の先生のお友だちが送ってきてくれたようだ。
廊下の青さも手伝って、階段が幻想的な雰囲気を醸し出す。
なんてうっとりする踊り場なんだ。杲小学校はまだまだ他にも美しい見所が満載だ。新旧の校舎が手を繋いで残っているのは貴重だ。廃校としてかなり充実していた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000