ホテルニュー鳴門

鳴門スカイラインの山頂。見晴らしの良い展望台に位置するホテル。建物の老朽化がとにかく凄まじい。
地上階は、お土産屋も兼ねたレストラン。断崖絶壁に建てられており、瀬戸内海が一望できる。
地下へ降りる階段が崩れている…。
でも、一枚目の写真の脇道を下ってゆくと、ちゃんと入り口があったのだ。
中は真っ暗だった。
地下に繋がる階段は完全に崩壊。浴場があったらしいが…
部屋によっては壁すらない。
上へ行こう。
更に上へゆく階段は完全崩壊。ハチャメチャ階段だ。
いつも以上に、床に注意しながらの探索。突き当たりの部屋では…。
新しい命が芽生えていた。下の写真、気になる部屋が…。



光に向かってみんな一心に首を伸ばす。微笑ましい光景だ。
慎重に更に深部へ。他に階段はあるのか。
あった。
奥に、ハープのようなものが見える。
アコーディオンカーテンの跡だろう。広めの宴会場だ。
あのヘリに立ったら、見晴らし良さそう。

突き当たりには
例のハチャメチャ階段があった
絶句。リアル先が無い階段。
ホテルニュー鳴門は、アドベンチャー要素が強い物件だった。朽ち果てるのも本当に本当に間近だ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000