笠置観光ホテル

京都の有名心霊スポット。1990年に廃業し、解体途中で放棄された。激しい荒廃の中にグラフィティーアートが点在し、加えて二つの吹き抜けが見所だ。
胸踊る。鉄板も踊っている。
薄暗い屋内に落書きの数々。おどろおどろしいムードだ。
きた!グラフィティーアート。秀逸な絵を見ると得した気持ちになる。
来た!一つ目の吹き抜け空間。
骸骨?に見つめられながら、上へゆく。
階段脇にはもう一つの、お行儀の悪い吹き抜けがある。暗いので、ライトでほんのり照らしながらの撮影。
外は明るい。ここは山中にあり、四季折々の風景が楽しめる場所だ。
六階建てなので、エレベーター完備。香港映画のような一枚。
静寂の中に足音が響く。無機質なコンクリート階段も大好物だ。
お行儀の悪い吹き抜けを上から見る。階段のように見えるのは、ひしゃげた手すり。

ここで、笠置観光ホテルの
代名詞とも言えるグラフィティーの
お出ましだ
妖気を漂わせる骸骨。手前に便器…岡本太郎も思わず唸るに違いない。しばし、立ち尽くす。
吹き抜けを見下ろそう…。



圧巻。吸い込まれそうになる。これを見たくて来たんだ。
屋上へ。
この階段もスリルがある。
屋上はたっぷりと水をたたえていた。外に見えるは木津川。対岸ではJR関西本線がガタンガタンと時おり通過する。薄暗くなり、早足の探索だったが大満足だ。芽吹きの季節、紅葉の季節はどんな表情を魅せてくれるのだろう。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000