摺子発電所(後編)

七色ダムは摺子発電所だけではない。上陸し、急斜面を登ると大きな洞窟がある。水力発電所ならではの関連遺構を探索する。
人為的に整備された巨大な洞窟。なんだか、映画の中に入りこんだみたい。
梯子を降り、右手を進む。※苦手な人は拡大しないで下さい。
気分はインディージョーンズ。あの天井からデカイ鉄球降りてくるぞ。
そっと見上げる…。シンメトリーな構造美。

この先は泥水地帯
先程の岐路を左手に進むと…
そこはラピュタのような世界だった。
これは驚いた‼滑ったら下までノンストップじゃないか。
別の場所にも穴。水の通り道だ。恐らくパイプで発電所の天井の穴に連結していたのだろう。
動いていないと肌寒い。どんどん行こう。
冬の枯れ野も十分に美しい。湖面にはバス釣りのボートが浮かぶ。
高揚感と荘厳さを同時に感じられる場所。
役割を終えて、半世紀。微動だにしない時間が滞留していた。
急斜面を下ってきた。あの巨大な穴は上から覗いたノンストップの穴じゃないか。
迫力が伝わるだろうか。昔は水が勢いよくドッと流れていた。
古い山道は限りなく続く。崖崩れが随所にあり、橋もひしゃげていた。
帰り際。見覚えのある穴を発見。
パイプを通していた穴だ。方向的にも発電所に向かっている。登ってみよう。
人が使わなくなった建物はすぐに腐食し、廃墟になり、消えていく。
でも、ここは何か違う。産業遺産と自然が融合している。人類が滅ぼうとも、生き続ける。そんな気がする。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000