弁柄工場

一面が赤の印象的な工場。2000年頃に閉鎖。原料倉庫、貯蔵施設、分離精製施設など、数多くの施設が残る。
「べんがら」とは赤色の顔料の一つであり、「紅柄」「弁柄」「紅殻」とも書く。かつてインドのベンガル地方で生産していたことから成る。
この梯子、地に足が着いてない。慎重に慎重に…
登るとそこは一面の赤、赤、赤。
機械たちは皆、赤く染まっている。手袋も赤くなってきた。
別の施設。靴も赤くなるよ。もう、何もかも。
太陽光をふんだんに取り入れて…
一層、赤が際立つ。トタン窓も情熱的だ
屋外施設も巡る。
タンクの中に木が生えている。大きく育ったら盆栽みたいになるのかな。
空も赤い。周辺の山肌も粒子レベルでの飛散のためか、赤く染まっているという。

さぁ、弁柄も
クライマックスへ
頑張れば、上へ行けそうだ。
底抜けに注意。慎重に歩く…。


トロッコだ‼黄色く番号が振られて、ミニオンみたい。久々の来客にざわめいている。
愛らしい。間違いなく働き者だったはず。赤で統一されたボディは伊達じゃない。
ミニオン達のおしゃべりが止まない。日本の産業を支えた小さなヒーロー達は、今もご主人様の帰りを待ち続けていた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000