ホテル・ラ・レインボー(前編)

1988年に瀬戸大橋開通後の観光客増加を見込み、世界一の高さを誇る回転式展望台を備えて建設されたホテル。しかし、客足は伸びずバブル崩壊も影響し、1997年に閉館。
入り口は5階に直結。
元レストランで眺めは抜群だ。
ハーイ
ラ・レインボーはグラフィティーアートのメッカであった。もうこの時点でテンション上げ上げだ。
この絵のタッチ、香川県でも見たぞ。
まずは客室と廊下を巡ろう。
チッ、見つかったぜ
今にもサイレンが聞こえてきそうな絵。
グラフィティーが咲き乱れる百花繚乱。
fireマン「外を見てみな」
レインボータワー‼
もっと近づいて見てみたい。
レインボータワーの横っ腹に辿り着いた。
佇むエアホッケー。
タワーは全長150m、展望キャビンは定員150人を乗せて、回転しながら最大138mまで舞い上がった。瀬戸内海が一望だ。
1階。ここが正式な玄関口。こうして見ると、タワーの存在感は半端ない。
この後、真下からグッとあのタワーを見上げる。

後編へ続く

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000