伊豆長岡高原ホテル

とある現役のゴルフ場に隣接するホテル。南国風のモザイク画や、美しい螺旋階段がある。ホテル裏には、プールやスケートリンク場跡が残っているという。
螺旋階段には不思議な魅力がある。
螺旋が永続的な空間を連想させてくれるからだろう。
1Fのロビーには南国風のモザイク画。
一枚目の写真はBAR。一杯ひっかけてきた。
廊下を直進すると、普通の階段。
3Fの大広間。
唯一、ここだけグラフィティーが描かれていた。
4Fは大衆浴場と休憩室。
ホテルというより、保養所のようだ。
展望台。
梯子、のぼります。
そこは機械室だった。それではもう一度、螺旋階段へ行こう。
螺旋階段のてっぺんには
なんと、七匹の‼
スライムがいた。否、メタルスライム。
一匹は頭上にとらわれている。七匹が揃った時、きっと何かが起こるのだ。

螺旋階段を
上から覗く
感動的な造形美を放っている。今後、多くの螺旋階段に出会うだろう。今日はその第一歩だ。
壁の縁に先人の足跡が見える。彼らの辞書に高所恐怖症という言葉は無い。
再び、展望台。このホテルは駐車場の片隅に身を屈めるように立っていた。申し訳ない感が半端ない。でも、一般の人々が気に留めることはない。廃墟とはそんなものである。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000