赤沢随道

東海道本線の廃線区間である。強度的な問題から、1972年に真鶴トンネルに役目を譲り廃線となった。
赤沢随道に着くまでは、長坂山随道、八本松随道と幾つかのトンネルを抜けてゆく。
昔はここを電車が走っていた。
出口では植物が光を求め、地面を這う。
同様に自分も這うように藪こぎをしていた夏。ちょうどこの辺りで力尽きた。今日はリベンジ戦なのだ。
海がきれい。先にトンネルが見えるが、あの時は全く見えなかった。



赤沢随道だ。「GRAFFITIART」の文字がお出迎え。胸が高鳴る。
ARTは続くよどこまでも。
河童!
ガイコツ!
何となくおそ松さん!
途中からトンネルの構造が変わるぞ。
土砂がたまっていたので、Uターン。復路のスタートだ。
きのこ「もう、帰るのかい。気を付けてな」
往路ではあまり振り返らなかった。復路の風景を楽しむために。
夏のリベンジは果たした。
探索仲間の一人は言う「赤沢随道は私にとって始まりの場所」
最初の一歩は誰にとっても特別なものだ。目には見えないたくさんの足跡がここにはある。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000