サンパークホテル清里

1979年以降に開業。バブル期を感じる洋風テイストの豪華な造りだった。2012年頃には廃墟となったらしい。
食堂。整然と並ぶテーブルは、今でも使われている証だ。
毎晩夜になると、半透明の魑魅魍魎たちが集うのだ。厨房も大忙し。
忘れられた自販機は、1980年代清里ブームの生き証人。
それは、もう遠い日の思い出。
奥にバーがある。
うわぁぁ…いい感じだ。
今宵はちょっと贅沢な気分。
マスター「ゆっくりしていって下さいね」
こんな素敵な空間に会えるとは、予想していなかった。
ロビーは雑然としている。階段を登ろう。
中央は気持ちの良い吹き抜け。
海月のように、シャンデリアが漂う。
夜はライトアップしたのかな。
白一色に、緑の絨毯が映える。 
中央から放射状に延びる廊下に、客室が連なっていた。
かわいい電話機がこちらを見ている♪バイバイまたね。
バブル期に清里は「高原の原宿」と形容された。清里に行くこと自体がステータスだった。フロントに無造作に置かれた客室キーが物憂げだった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000