パーラー・エメラルド

国道141号線清里ライン沿いに位置する。一階はパチンコ店、二階はビリヤード場だった。
プールバーとはビリヤード台が置いてあるバーのこと。
何もない空間。椅子が黄昏ている。
一瞬驚いたが、この絵は当時ペイントされていたものだろう。
一階のパチンコ店へ行こう。
なんと先客がいた!



じっと見つめている。良き台を見定めているのだろう。恐らくパチプロだ。
営業当時を想像する。店内は爆音で、タバコの煙も凄かったのかな。清里の地にあり、どれだけ集客できたのだろう。
シンメトリーな一枚。
パチプロはまだ、悩んでいる。
台を見定めている。
今日は本気の顔だ。ちょっとトイレに行ってくるね。
ふぅ…。おやっ!始めたようだ。
ピ~ロリー、ジャガジャガ…♪
ピ~ロリー、ジャガジャガ…♪
        ピ~ロリー、ジャガジャガ…♪
                ピ~ロリー、ジャガジャガ…♪



        
またのお越しを、お待ちしております。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000