湯原観光劇場

1960年代にこの辺りの温泉街は大いに賑わい、ストリップ劇場も12軒ほどあったという。現在はこの湯原観光劇場のみ廃墟として形を残している。
このジャンルは茨城県の明野劇場以来であり、胸が高鳴る。
BARカウンターかな。奥の階段を登ると…
音響室だ。奥に劇場が見える、行こう!



お馴染みの円形の舞台。
奥には鷲の絵が描かれている。全体的にうっすらと埃が積もっているが、この寂れ具合がたまらないのだ。
舞台裏には仮眠室や浴場。華やかな舞台の裏側をのぞき見。
実はさっきの舞台は小劇場であり、メインの大劇場は正面にあるのだ。
ここはフロントのロビー。テレビや椅子たちがそわそわしている。

それでは
大劇場へ
広い、立派、ゴージャス!
暗いゆえに幽玄。舞台の奥には、おたふくの仮面が飾られている。

全盛期には全国に300軒近くあったストリップ劇場。熱心なファンは追っかけとして、全国を回ったという。
上方にスポットライトを備えた音響室が見える。行こう。
奥のスイッチには「花道右」「花道左」「ネオン」「ベット回転」など色々あった。
壮観な眺めだ。感動した。
タイムマシーンがあったら、数ある廃墟の往年時を巡ってみたい。

さあ帰ろう、幻想から現実の世界へ。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000