ヴァンガード竜串

昭和48年に竜串ハイランドホテルとしてオープンしたが、昭和末期に閉鎖。平成2年にヴァンガード竜串としてリニューアルオープンするも、2年後に閉鎖した。
このように山道を登る。もう車は通れない。
ヴァンガードがあらわれた。とにかく巨大。どう攻めるか、嬉しい悲鳴だ。
かつては軽快に走っていたのだろう。今は静かに眠る。
一歩踏み入れると内戦さながら。サバゲーで使用されたBB弾が散乱している。
逃げ惑う一般人。
自分も、いつ撃たれるか分からない。
魑魅魍魎と出くわすかも知れない。
このゲームコーナーの奥には何かがいた。廃墟探索は時に過酷だ。
地下と一階と二階をくまなく探索。
一人だと時間が濃厚。疲労も大きい。
よしっ、あの階段で一気に上まで行こう。
さらに上へ。屋上はもうすぐだ。
最上階に辿り着いたぞー。
プールバーになっていた。ビリヤード台の顔色が心配だ。この場所の気象条件は相当に厳しい。
展望スペースの先までゆく。遠くに見えるは足摺岬。見晴らし抜群だ。
気持ちいいけど、風が強くて帽子が飛ばされそうになる。
さらに階段を発見し、貯水槽の上に立った。そして心の中で叫んだ「日本の夜明けぜよ」
この巨大な廃墟がどうなるのかわかっている。雄大な自然がそれを飲み込んでいくのだ。忘れられた空間は今宵も静寂に包まれる。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000