ドロイド医院

誰が呼んだか「ドロイド医院」。世間は春休み。ちびっ子たちの元気な声がこだまする片田舎にそれはあった。
廃墟の中に順路はない。突然現れる真打ちにただ立ちすくむ。
世の中の音が、ようやく耳に戻ってきた。
ここにかつての清潔感はない。しかし、生と死にかかわる命のドラマがあった。何だかスタートから胸がいっぱいだ。

校舎のような造り。植物の生い茂る敷地の中にあり、野鳥の羽ばたきに反応してしまう。
この産婦人科は入院病棟も兼ねていた。下駄箱は来客用かな。
二階へ
やはり保育器だ。環境への適応力が弱い未熟児を収容する容器。元気よく退院するまで、親はハラハラだ。
なぜ「ドロイド医院」その理由はこの廊下の先にある。
ドロイドくん「どもー。」
Androidのキャラクターのドロイド君に似ていることから、名付けられたそうだ。
いかしてるね!
ドロイドくん「エッヘン(照)」
ドロイド君には友だちもいる。こちら、シャイで名前は教えてくれなかったけど…。

日当たり抜群の階段を見せてくれた。
廃墟にはそこのマスコットとなるものも多い。出会えると嬉しい~ってなる。でも彼らは事前連絡なしに突然いなくなることも多い。ドロイド君、いつまでもここにいてね。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000