那須ホテル

風の吹き抜ける絶景廃ホテル。展望台に隣接しており、360度の大パノラマを望める露天風呂が人気だったと聞く。2005年に廃業。
一歩踏み入れるとそこは、大パノラマの吹き抜けエントランスだった。
霧がかかってるけど、そんなの気にならない開放感。この深い霧が最終的に、幻想的な世界へと誘ってくれることになる。
色鮮やかな固定式の双眼鏡。君が、今ここの主だね。
待合室では、芸術的な光景が出迎えてくれた。粋な計らいだ。
レゴのような壁。解体途中物件。
この階段、味が出ている。「三州園ホテル」のミニチュア版みたい。
まず、地下へ行こう。
何も無かったので、外に出てみた。ボイラーがごろーん。右手に展望露天風呂に続く渡り廊下が見えるぞ。
展望というからには、屋上にあると思ってたけど…。大浴場の奥に露天風呂らしきものを見つけた。



360度の大パノラマはどこだ?
隣の大浴場も似た感じ。
さて、入り口の一つ上の階にやって来た。
エントランスを見下ろす。
ここまで、全面ガラス窓で統一した空間は珍しい。オンリーワンな宿として、訪問者の記憶に残っただろう。
客室のベランダからの風景。やはり、霧が深い。
最後に、お客さんは入れない上の階へ。機械室の奥、扉から木漏れ日が…

ギギィィィ…
驚きの異空間が待っていた

ここはどこだ。まるで、白銀の世界に舞い降りたよう。ホワイトアウトで先が見えない。
まっすぐ天まで続く煙突。
霧にまみれた太陽が怪しく照らす。映画「サイレントヒル」の霧に包まれた街を思い出してちょっぴり怖くなった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000