シャレーフジパノラマ

名前の通り富士山の見える絶景に建てられた宿泊施設。1980年頃から2000年頃まで稼働していたらしい。
中央に見えるのが本館。特徴的な渡り廊下で別館と繋がっている。もしかしたらリゾートマンションかもしれないが、詳しいことはわからない。
案内図…緑が「ふじ棟」青が「するが棟」
ロビーは荒廃している。
上へ行ってみよう。
現役の頃は大活躍したのかな。
人の営みは儚い。廃墟を探索していると無常を肌で感じる。
「ふじ棟」を軽く巡った。建物がジグザグの形をしているので、どの部屋からも景色を堪能できる。
渡り廊下から「するが棟」へ。
渡り廊下からの眺め。
こっちもジグザグ。軽く巡ったが、どの部屋も似かよっていた。
限りなく
透明に近いブルー
いつか読んだ本の題名がぽんと浮かんだ。初夏の日差しを和らげるような、澄み切った水。
水平線の先に山がある。雲がある。そして、夢がある。
高層ホテルのプールみたいだ。いい風景に出会うと、気持ちも大きくなる。今日の探索も最後に逆転ホームランが待っていた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000