妙高パノラマパークスキー場

パノラマパークスキー場は、6本のリフトを備えた中規模のスキー場だった。1972年から2003年まで営業。遠くにスキーのジャンプ台が見える。あれが今回の目的地だ。
この「オリンピック・イン妙高高原」も廃墟。玄関前のキャラクターが有名なので、挨拶をしよう。



狸さん「今日はジャンプ台に行くんだって!?着地のポーズはこうだよ、こうこう!」
SAM「ジャンプはしないよ」
ジャンプ台を遠くから見上げる。

よし
登ろう
やっと辿り着いた。すんごい迫力だ。
ジャンプ台は一般人は利用しない。こんなに間近で見ることなんて無い。
真下からのアングル。
壮観な眺め。
草木が茂り、もはや滑ることは出来ない。
では。
ジャンプ台の脇の階段を行こう。
鉄板はあまり信用できない。手すりに重心をを振り分けて進む。

下を見ちゃだめだ。
階段は天空の遥か彼方まで続くよう。
ついに
登頂

言葉が出ない。スキージャンプの選手は凄いなぁと思ったのも降りてからで、この時は無我の境地でこの絶景を眺めていた。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000