向後崎燈台

向後崎(こうござき)燈台。大正時代に造られた。戦後、米軍と自衛隊が共同で警備所として運用した時期もあり、日本に返還後も1990年まで燈台として使われていた。

この日は朝から激しい雨。道のりは困難の一言。
そしてこの光景。労が報われた思いがした。赤いライトが定期的に点滅、今でも監視カメラが海を睨んでいるのだ。
「放射性電子管保管場所」の看板がまず目に飛び込んできた。
残留物は無いに等しい。無機質な空間。
そこに廃墟美を見つけるために
どしゃ降りの雨の中、やって来た。
物騒な時代を生き抜いた警備所。
今は元気なコウモリ達のねぐらだ
壁の淡いグリーンが心を和ませてくれる。
トイレがこんなに美しいなんて。扉がついてないけど、そんなの問題じゃない。
さぁ、二階へ。
正多角形な部屋に到着。
窓からの眺め。数隻の船が出航してゆく。海は荒れ模様、お気を付けて。
緑の光は、近くにある現役の灯台だ。赤と緑が交互に光る。両方光るタイミングには、なかなか出会えない。
ここでミスをした。外階段を見つけたのに登らなかったのだ。強い雨のせいだろうか、無意識に勘違いをしたのだろうか。
展望台が一番の見所なのに、なんということだ…。いつか、晴れた日に…。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000