永ノ島炭鉱(中編)

原炭ポケットから、後方に見える遺構(精炭ホッパー)を目指し、さらに登ってきた。すると無機質なコンクリと、鉄製の窓枠が見えてきた。
いやもう、感動した。
上方には四角い大穴が二つ、ホッパー内の植物たちに光を与える。ここは巨大な植物園なんだ
幅の狭いコンクリート通路を慎重に渡る。底も結構深いぞ。
梯子を使い屋上へ



さっき下から見上げた四角い穴。
屈んで横から覗き込むと、顔のようなものが見えた。人格を持つ廃墟として、何かを語りかけてくるような気がした。それくらい、ここは凄い。
もう一方の四角い穴。ホッパーなので、底は急斜面になり、小さな四角い穴に到達する。ケーキのクリームの絞りのようなイメージ。
首を伸ばしてパシャリ☆あの梯子は上まで登ったら、次にどうするんだろう。
さぁ正面から景色を…って、小さな穴があるぞ。
ほぁぁぁ…
ついに、景色を一望。やっほ~。

振り返る。
四角い穴が見えるだろうか。ホッパーを真下から眺めてみよう。

何とか
行けた
そこは想像以上に幻想的な場所だった。
昨夜の雨で、滴が落ちる。時々小石も落ちてくる。廃墟の神様が隠れているんだ。
島の裏側にも巨大な遺構がある。深い森の中、手探りで探しに行こう。

つづく

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000